WEBデザイナーが転職して年収をアップさせる5つのポイント・求人〜転職歴4回の現役ウェブデザイナーが管理人です〜

HOME > > 求人サイトに求人が公開されない理由って?

求人サイトに求人が公開されない理由って?

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。
求人サイトに求人が公開されない「非公開求人」って何?人気企業・優良企業がこぞって利用する極秘の「非公開求人」という採用方法が発生する理由とは?一般求職者に知られていない「非公開求人」のヒミツについて解説しています。

転職サイトに求人が公開されない理由

1)大手企業・優良企業には応募が殺到するから
大手企業や優良企業とされる会社の求人が、公開求人するとなると、そこに応募が殺到します。
すると、人事担当者は求人をさばくのに忙殺されることになり、下手をすれば会社の希望に最適な人材を採用することができなくなります。

非公開求人求職者側も、じっくりと面接を受けることができなくなり、きちんとしたアピールが困難となり、採用されるかもしれないチャンスを逃すことになりかねません。
そういった、求人サイド、求職サイドの双方の損失を未然に防ぐために、全ての求人を公開しないのです。

これが、「非公開求人」という採用方法が発生する最大の理由です。

転職エージェントでは、採用条件と転職希望者側のスキル・経験・希望条件をもとに、そういった採用のミスマッチをできるだけ発生させない求人方法を取ります。

これにより、応募者が殺到するほどの人気のある大手企業・優良企業からの非公開求人を数多く取り扱うことになります。

当然、この「非公開求人」は、ハローワークや求人雑誌に掲載されることはありません。文字通り、ネット上での会員にのみ公開される求人なのです。

ハローワーク・求人誌・ネットで一般に公開されてない、人気のある求人を志望する求職者、人気企業・優良企業への転職を志望する人は、転職エージェントを活用するのが、最適な方法と言えます。
2)「急募」「若干名採用」の求人が多数扱われているから
転職サイトや求人雑誌には募集情報の掲載を依頼してから掲載されるまでおよそ一ヶ月かかってしまいます。
そのため、急な異動や突然の退職などによる欠員補充の求人は、一般に公開されることなく、転職エージェントに真っ先に求人依頼されます。

こういった場合、時間的にも予算的にも、転職サイトや求人誌に掲載する余裕がありません。そんな時、多くの企業が、時間・予算にデメリットの少ない「非公開求人」を利用するのです。

したがって、急募ポジション・若干名募集の求人は、公開されてる転職サイトや求人雑誌などに掲載されることはほとんどありません。
3)「極秘プロジェクト」の求人だから
新規立ち上げ事業や新商品開発に携わるプロジェクト要員の募集や、マネジメント職の募集など、そのポジションが企業にとって戦略的に重要な場合、極秘事項である場合、一般に公開して、大がかりに求人募集をすることは全くといって良いほどありません。

非公開求人競合するライバル企業にその動きを知られないように「こっそりと採用活動を実施したい」、そんな企業が、多くの転職希望者を抱える転職エージェントへ「他社には絶対秘密にしてほしい」というわけで、求人募集をするのです。

他社にバレてはいけない極秘の求人が、「非公開求人」として公開されずに、求職者側に直接伝えられるというわけです。

転職サイトに公開されない「非公開求人」が存在するわけは、主に上記の三つの理由があるからなのです。

応募者に人気のある、この「非公開求人」に興味のある方は、転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談されることをおすすめします。

親切、丁寧、タイムリーに、あなたに最適な求人情報を教えてくれることでしょう。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

WEBデザイナー、キャリアアップのススメ

ウェブデザイナーとは単純に実力の世界、学歴や経歴・資格などはあまり意味を持ちません。本人が強く望めば、自然とキャリアもそれにあとからついてきます。 合計四回の転職を経て、確実にキャリアアップと年収アップを勝ち取ってきた管理人が、経験を交えながら、転職について語ります。また、賢くスムースな転職方法についても解説しています。
>>次の記事へ