WEBデザイナーが転職して年収をアップさせる5つのポイント・求人〜転職歴4回の現役ウェブデザイナーが管理人です〜

HOME > > あなたはWEBデザイナーとして転職に向いている?

あなたはWEBデザイナーとして転職に向いている?

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

あなたはWEBデザイナーとして転職に向いている?

WEBデザイナーとして転職WEBデザインの知識やスキルがあるなら、誰でもWEBデザイナーになれるというわけではありません。
WEBデザイナーは情報の発信者と受信者を繋ぐ仕事です。

発信者は物を売りたい人、サービスをしたい人、情報を広めたい人などサイトを通じて世の中に何かを発信したい人です。
また受信者はそれをみて知識を得たり、物を買ったり、情報を利用したりする人で、その双方が喜ぶようなサイトを作り上げるのがWEBデザイナーなのです。

コミュニケーション力がある人

WEBデザイナーとしての資質常にパソコン上での仕事になりがちなWEBデザイナーですが、一番大切なのは人が喜ぶもの、楽しいもの、便利なものを作る精神です。

人間力、コミュニケーション力がないとWEBデザインの仕事はできません。人の気持ちや考えを理解する力が重要なのです。
また、一つのサイトを作るにあたってもチームでの作業になる場合が多いです。 仕事仲間との信頼関係が築けない人は向いていません。

忍耐力と根気がある人

WEBデザインの仕事は、サイトが大きくなったり、複雑になればなるほど作業が膨大になり緻密な作業的な工程が長時間必要になってきます。

この地味で孤独な作業に対する耐性があることはWEBデザイナーとしての資質があります。
また、この業界は日進月歩で技術的に進化していきます。
向上心をもって仕事をしないことにはあっという間に時代から取り残されてしまいます。

常に勉強して、自分のスキルアップができる人はWEBデザインの仕事に向いています。

好奇心がある人

技術的なスキルだけではWEBデザインはできません。
世の中のありとあらゆるものに興味を持って、鋭い感性を持っていることが重要です。
音楽、絵画、文学、サブカルチャー、スポーツ・・・と何でも関心を持って取り入れていく姿勢がある人こそ、人が喜ぶものをつくることができるのです。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

収入アップ転職のために身につけておきたいスキルとは

WEBデザイナーになるには、デザイン、ツールの使い方、コーディングスキルなどが重要ですが、現在のWEBデザイナーとしては、それだけのスキルを浅く広く守備範囲が広いということは返って収入アップどころか、採用もされにくい状況です。
>>次の記事へ