WEBデザイナーが転職して年収をアップさせる5つのポイント・求人〜転職歴4回の現役ウェブデザイナーが管理人です〜

HOME > > 収入アップ転職のために身につけておきたいスキルとは

収入アップ転職のために身につけておきたいスキルとは

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

収入アップ転職のために身につけておきたいスキルとは

WEBデザインのスキルWEBデザイナーになるには、デザイン、ツールの使い方、コーディングスキルなどが重要ですが、現在のWEBデザイナーとしては、それだけのスキルを浅く広く守備範囲が広いということは返って収入アップどころか、採用もされにくい状況です。

実際、有利な条件で採用されていく人は、若年層の余力がまだまだあるという人材と、狭いながらも、その分野ではかなり高いスキルを持っているという職人のような人材です。
現在のWEB制作の現場では作業を効率的にするために、どんどん仕事の分業化が進んでいます。
分業化しているのでWEBデザインの全てに精通していることよりも、人にはできない専門性を持つということが重要なのです。

どのようなスキルがあれば収入アップが実現できるのでしょうか?

あればあったほうがよいスキル

分業化が進むWEBデザインの世界です。
各分野にそれぞれの専門家がいるというほどの奥深さですから独りの人間が全てをなかなか網羅できませんが、できるだけ広い範囲の高いスキルがあったほうが仕事を得やすいですし、高収入につながります。

WEBデザインナーとしてのスキル具体的にスキルを上げますと、デザイン知識、PhotoshopやIllustrator、Fireworksなどのツールスキル、イラスト力、WEBデザインや表現、またソーシャルメディアのトレンドをつかむ力、コーディング、プログラミング、インフォメーションアーキテクチャー、ユーザビリティなどです。

また、コピーライティングやマーケティング、マネジメント力、ビシネススキル、提案力など、もはやWEBデザインナーとしての仕事範囲をも超える総合的な力が必要とされています。

クライアントの信頼を得る力

WEBデザイナーはWEBデザインだけをしている時代ではなく、常にクライアントの意図している要求を感じ、提案していく総合的な力も重要であるということです。

もちろん個々の専門スキルは重要なので、常に前進していくことも忘れてはいけません。
実際のところまだまだそのような人材が少ないのが現状です。

ですから、逆に言えばそのようなことができる人材こそクライアントの信頼を得ることができ、その上で収入アップに繋がるということなのです。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

女性WEBデザイナー、家庭と両立できる転職先って?

WEBデザインの仕事は、孤独な地道で細かい作業を長時間要求される仕事です。深夜まで残業をしたり、家に持ち帰って作業をしたりと家庭を持つ女性にはなかなか厳しい労働条件です。
>>次の記事へ