WEBデザイナーが転職して年収をアップさせる5つのポイント・求人〜転職歴4回の現役ウェブデザイナーが管理人です〜

HOME > > WEBデザイナーのための転職力アップ法

WEBデザイナーのための転職力アップ法

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。
ここでは、「ウェブデザイナーのための転職力アップ法」についてご紹介します。「Web・クリエイティブ業界の転職における「安定性」」やクリエイティブ業界で求められる「転職力」についてご案内します。そして、注目のIT・Web系企業への合格可能性を知る「ITエンジニア・クリエイター合格診断」も掲載しています。

WEBデザイナーのための転職力アップ法

応援現職WEBデザイナーの方に向けて、業種・職種ごとの最新の業界動向レポート、実際の転職成功事例、転職ノウハウなど、さまざまな切り口で「転職力アップ法」を実践的に解説します。

WEB業界特有の転職情報を収集し、満足のいく転職ができるように是非ともお役立ていただきたい、WEB業界専任キャリアコンサルタントによる連載コラムです。
  1. 2013年中に内定を勝ち取るための転職活動の進め方
  2. Webデザイナーが面接で聞かれる質問9選
  3. もったいない!ひと工夫すれば書類選考を通過できるデザイナー・プランナーの改善点とは
  4. 実務経験が足りないデザイナーが書類選考を突破するための3つのポイント
  5. HTML5で変わる?クリエイティブ業界の最新転職市場動向
  6. アベノミクスで変わる、クリエイターの転職市場
  7. トレンドに敏感なだけじゃ足りない。どんな時代でも求められるクリエイターとは?
  8. 3月でも遅くない。年度末にスピード転職を狙う
  9. 転職のこと、キャリアのことを身近な人に相談していますか?
  10. 動くなら1月!この時期に転職を決めるための3つのポイント
  11. ソーシャルゲーム関連の求人ばかりで困っているあなたへ
  12. 「次の会社では長く働きたい」を実現する方法
  13. 面接官が「入社して何をしたいか」を聞く本当の理由
  14. どのような基準で応募する求人を決めるべき?
  15. 「自分の強みは何?」と迷ったら、求人情報の中に答えを探す
  16. もし自分が面接官だったら、自分をどう思うかを考えてみる
  17. “食いっぱぐれない”ために必要な2つの視点
  18. 「将来のキャリアビジョン」をまとめる際の4つのステップ
  19. 「強み」を整理する際に知っておきたい3種類のスキル
  20. 誰にでもできる!職務経歴書・面接での強みの伝え方
  21. アピールとは「自分の得意なもの」を伝えること?
  22. 面接では“本音”を伝える。面接官が本当に聞きたいこととは?
  23. 堅調に成長中のEC業界。クリエイターにとっての魅力とは?
  24. 過去の仕事を深掘りすることでアピール力をアップする
  25. クリエイティブ業界で求められる「転職力」について
  26. 志望動機の“作り方”、業界別のチェックポイント
  27. 面接官に好印象を与えるための、2つの要注意ポイント
  28. ポートフォリオを作るときに覚えておきたい3つのポイント
  29. クリエイティブ系求人の最新トレンド「スマートフォン関連求人が増えています」
  30. 4月から転職活動を進めたい方の、この時期の過ごし方
  31. あなたの面接対策、間違っていませんか?
  32. 今後のトレンドを見据えたキャリアプランニングを!
  33. 転職成功のために年末年始にやっておきたい3つのこと
  34. 採用企業と直に会って話せる場を活用する
  35. まだ間に合う!年内に転職を決める秘訣
  36. 10月以降のクリエイター転職でキーワードとなるものは?
  37. ここを押さえればライバルに勝てる! 〜面接準備のレベルアップ術〜
  38. 10月までに内定を勝ち取るための転職活動の進め方
  39. Webクリエイターのための転職活動の心得
  40. Web・クリエイティブ業界の転職における「安定性」とは?
  41. 「簡単に不合格とは言わせない」面接準備のポイントは?
  42. 2010年の夏、内定が出やすい職種と経験は?
  43. 転職成功には思いが大切!! 〜回復基調にあるWeb業界の転職成功事例をご紹介〜
  44. Webクリエイターのための“人事に響く”職務経歴書の書き方
  45. 企業に不合格と判断されないためのアピール法
  46. 2010年4月以降のネット業界の採用動向をお教えします
  47. 職種名だけでは判断できない“本当の”仕事内容
  48. 採用担当者はWebクリエイターのここを見ている! 〜面接におけるポイント〜
以上のコラムは、いずれもWEB業界の最新の転職状況をつぶさに教えてくれるものです。近いうちに内定を勝ち取るための転職活動の進め方などが詳しく掲載されています。
管理人としても、とても有益な情報としてみなさんにオススメできる情報です。

閲覧の仕方は・・・

>>DODAにアクセス


「DODA」が表示されます。

DODA
「promo/bene/010.html」以下をカットして、「enter」キーを押します。

DODA
DODAのトップページが表示されます。

DODA

DODA
真ん中あたりまでスクロールして、「Web・ITエンジニアの転職」をクリック。

DODA
「DODA エンジニアIT」が表示されます。
真ん中あたりまでスクロールして、右カラムの「連載コラム」をクリック。

DODA
「Webクリエイターのための転職力アップ法」が表示されます。

これで、「Webクリエイターのための転職力アップ法」の記事が読めます。

このコラムを読むだけで、WEB業界の最近の動向、求人動向、書類選考の突破の仕方、面接対策、魅力的な職務経歴書の書き方などなど、WEBデザイナーの転職に有利な情報があらかたわかるようになっています。

是非一度目を通して、あなたの転職活動の参考にしてください。

クリエイター合格診断

注目のIT・Web系企業への合格可能性を知る「ITエンジニア・クリエイター合格診断」も是非ご活用ください。

「今」受かる可能性がある企業はどこなのか?
IT・Web業界専任のキャリアコンサルタントが、多数の転職サポート経験、求人企業から日々寄せられるリアルタイムの情報をもとに判断してくれます。

この診断の方法は・・・

DODA
先ほどの「Webクリエイターのための転職力アップ法」に戻ります。

DODA
「ITエンジニア・クリエイター合格診断」バナーをクリック。

DODA
「クリエイターの合格診断に申し込む」をクリック。

「匿名応募」で、人気企業への転職の可能性がわかります。

※ここでは、会員登録が必要です。時間は5分程度です。

結果はどう出ましたか?
人気企業への転職はできそうでしょうか。
人気のWeb系企業への合格可能性がこれで診断できます。

対象企業は、日本マイクロソフト/ソフトバンクモバイル/日本オラクル/ ディー・エヌ・エー/日立コンサルティング/スクウェア・エニックス/ カプコン/日本ヒューレット・パッカード/リブセンス/博報堂/ミクシィ/ レコチョク/ぐるなび/NHN/など多数。

是非一度自分の可能性について、診断してみましょう。
企業に直接応募する前に、合格の可能性を診断しておくことは、転職の戦略を練る上で非常に大切です。力試しの感覚で是非チャレンジしてみることをオススメします。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

WEBデザイナー求人を選ぶときのポイント

転職を考えていざ求人をみてみると、職種柄、様々な分野に仕事が及ぶので、求人掲載のどういった部分を重点的に見れば良いのか、とまどう方もいるでしょう。 何よりまず、自分の興味のもてる分野でのWEBデザインの仕事があるかどうかが、大切になってきます。
>>次の記事へ