WEBデザイナーが転職して年収をアップさせる5つのポイント・求人〜転職歴4回の現役ウェブデザイナーが管理人です〜

HOME > > 社交性アピールで差をつけろ!

社交性アピールで差をつけろ!

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

WEBデザイナーにとって必要な社交性

WEBデザイナーは、対コンピューターだけの非人間的な仕事であると思っているのなら大きな勘違いです。
確かに孤独に地味で緻密で根気の要る作業を長時間かけて行う仕事が多いのですが、実際に作っているものは「人を楽しませる」「人を喜ばせる」ものなのです。
その為にも絶対に不可欠な要素が「社交性」です。

実際に必要な社交性とは

WEBデザイナーに必要な社交性WEBデザイナーだから、トーク力は要らないなんて事は絶対にありません。
WEBデザインだけをしていればいい人なら可能かも知れませんが、実際、商業用のWEBデザインをしていざクライアントに出来上がった商品をチェックしてもらうような場面で、単に完成品だけを見てもらって終わり・・なんてことはありません。

クライアントからのクレームもあるでしょうし、やり直しを求められたり、なぜこのデザインにしたのかという理由なども話し理解してもらう必要がある場面があります。
その時に全く社交性がないと仕事になりませんし、クライアントからも信頼を失うでしょう。
人とのコミュニケーションを円滑にしながら利益を上げていくということができないとWEBデザイナーには向きません。
またそれができるということは、将来的にもWEBディレクターやプロデューサーのキャリアアップにも繋がります。

面接の時も社交的に!

WEBデザイナーの面接WEBデザイナーにもある程度の営業トークも社交性が必要です。
面接官は人とまともにコミュニケーションできないようなデザイナーは、余程跳び向けた高いスキルと技術がない限り採用はしたくないと考えています。

ですから、面接の時も、基本的なやり取りは当然ですが、人と話すことや接することができて、なお社交的であることをアピールできると好感をもたれ採用されやすいといえるでしょう。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

円満退社するために

周りの理解を得て、温かい雰囲気で離職するということは、次のスタートも円滑に始めることができるということにつながりますので、是非コツをつかんで上手に円満退社を目指しましょう。 特に退職理由をどう説明するのか、誰に報告するのか、仕事の引継ぎはどうするのかということは非常に重要なことです。
>>次の記事へ