WEBデザイナーが転職して年収をアップさせる5つのポイント・求人〜転職歴4回の現役ウェブデザイナーが管理人です〜

HOME > > 円満退社するために

円満退社するために

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

円満退社のススメ

周りの理解を得て、温かい雰囲気で離職するということは、次のスタートも円滑に始めることができるということにつながりますので、是非コツをつかんで上手に円満退社を目指しましょう。
特に退職理由をどう説明するのか、誰に報告するのか、仕事の引継ぎはどうするのかということは非常に重要なことです。

退職理由をどう説明するか

WEBデザイナーの円満退社本当の退職理由はさまざまです。現職場の待遇や仕事内容に不満があったり、人間関係が上手くいかないなど色々あるとは思いますが、円満退社を目指すなら、退職理由はあくまで「一身上の都合」とし、今までの不平不満は言わないというのが鉄則です。

上司に対してはもちろん、同僚や部下に対しても極力本心を明かさない方が良いでしょう。
自分自身は職場を離れるのでいろいろ言いたいことはあるでしょうが、残される人にとって現職場の不満を並べられるのはあまり気持ちのいいものではありません。

どうしても説明を求められたときも、以前からやってみたいと思う仕事に転職できることになったからとか、自分のキャリアの為にチャレンジしてみたいからというような、将来につながるような前向きな発言をするようにしましょう。

誰にいつ報告するのか

法律上では退職を申し入れてから2週間後に雇用関係が解消されることになっていますが、円満退社を狙うなら退職の意志が固まった段階で直属の上司にはできるだけ早く退職の意向を伝えた方が良いでしょう。
仕事の引継ぎなどのことを考えると退職までに一ヶ月半から一ヶ月は最低必要であると考えておきましょう。
退職を申し出ても直属の上司はすぐには退職を認めてくれません。
基本的には、社長や部長などもっと上の上司に許可が出てから退職を受理される場合が多いので、その時間も考慮しておきます。
もし、上司から強い引きとめがあった場合などは良く考えて決断すべきですが、基本的には一旦、退職の意志を固めたのならば、最後までその意志は突き通すべきです。 職場環境の改善や待遇改善を約束された場合も、その約束が本当なのかということを確認することが大切です。

仕事の引継ぎ

WEBデザイナーの仕事の引継ぎ自分の仕事を他の人にスムーズに引き継ぎ完了してこそ円満退職です。
時間をかけて丁寧に引継ぎしたいとは思いますが、通常の業務も平行して行う場合がほとんどですので、相手になるべく負担にならないように、効率よく説明できるようにしておきましょう。

得意先などへの挨拶や次期担当者の紹介など、引継ぎ相手が後々円滑に仕事できるように最大級の配慮をしましょう。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

退社の際に提出、受け取りが必要な物とは?

どんな理由であれ、社会人としてお世話になった会社を退職する際は、責任を持って行動し、周りにできるだけ迷惑のかからないように配慮して綺麗に退社することを心がけたいものです。
>>次の記事へ