WEBデザイナーが転職して年収をアップさせる5つのポイント・求人〜転職歴4回の現役ウェブデザイナーが管理人です〜

HOME > > ポートフォリオ作成のポイント

ポートフォリオ作成のポイント(サンプル)

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。
書類選考の可否を握るポートフォリオサイトは、WEBデザイナーのデザイン力やスキル、個性や強みをより詳しく知ってもらうことができる強力な武器です。利便性・機能性を考えて、全力でしっかりと作り込んで、自分の実力を精一杯サイトに込めましょう。ポートフォリオサイトの具体的な作り方・注意点を理解して、確実に面接に進みましょう。

ポートフォリオを作る時に押さえておきたいポイント

WEBデザイナーにとって「ポートフォリオ」とは、先述した「作品集」をまとめたWEBサイトになります。
実際の採用において、最も重要なポイントが、この「ポートフォリオ」です。
前項で説明した「作品集」を効果的に見せるために、今度は「作品集」をまとめた「ポートフォリオサイト」を作る必要があります。

このポートフォリオを提出することで、WEBデザイナーのデザイン力やスキル、個性や強みをより詳しく知ってもらうことができます。

通常、ウェブ上で見ることの出来るポートフォリオサイトと、紙ベースのポートフォリオの両方を用意しておくのが基本です。

ポートフォリオポートフォリオサイトは、面接の時だけでなく、書類選考の際の強力な武器となります。全力でしっかりと作り込んで、自分の実力を精一杯サイトに込めましょう。

これは実は転職の時だけに必要になるものではありません。
転職の時はもちろん、就職先で実際に仕事が始まった場合のクライアントへの売り込みにも活用できます。また、さらに言えば、フリーになった時、独立した際の売り込みにも活用できるサイトとなります。

フリーランスや独立に関してはここでは詳しく触れませんが、実際に仕事をする上で、クライアントに見せるためのツールとして、必ず必要になります。
ここは、力の出し惜しみをせず、全力で、本気のサイトを作っておくことをオススメします。
つまるところ、あなたがどういう制作者で、どれだけの実力を持ち、どれだけの守備範囲を持っているか、がわかるサイトはどんなシーンでも必要になります。
遅かれ早かれ必要になるものですので、精一杯頑張って作りましょう。

ポートフォリオを作る際の重要ポイント

ウェブサイト上のポートフォリオですが、あなたのデザイン力を見せるために、芸術的に作るのも大切ですが、実用性も忘れないようにしましょう。

つまり、いくらデザイン性に優れていても、どこにボタンがあるのかわからないようなサイトはアウトということです。

ウェブデザインは、あくまでも「商業デザイン」です。
アート&クラフトの理想、「美と機能性の融合」を第一にデザインしましょう。
ポートフォリオの肝である「作品集」が、できるだけ見やすく、わかりやすくまとめてあるのが理想的です。
「アート」に走りすぎて、利便性をおろそかにするのは逆効果です。

採用者の立場から見た場合、ポートフォリオサイトは冒険的で野心的なサイトであり、応募者のデザイン・技術が積極的にアピールされたものが、より面白いと思われます。
そこにさらに「利便性・機能性」が加わることによって、「この人、わかってるな。」と思わせることができます。
ここは重要なポイントです。「美と機能性の融合」を意識して、ポートフォリオサイトを作りましょう。

作品集の紹介コメント

コメントそしてもう一点重要なのが、「作品集」を紹介するテキスト情報です。
自分目線の作り方をすると、紹介コメントがおざなりになりがちです。
「デザインなんだから、見ればわかるでしょう。」と思ってはいけません。デザイン単体では、作品の情報は意外と伝わりにくいものだと思った方が良いでしょう。

採用担当者は、この紹介コメントをしっかり読んでいます。
そして、このコメントこそが作品を評価する情報のスタートラインだと思って下さい。このコメントが無ければ、採用者は作品をしっかり見てくれないと思った方が良いでしょう。

作品集に必要なコメントは以下の通りです。
  1. 作品名
  2. 作品のスクリーンショット
  3. 担当領域(詳しくはっきりと、正直に)
  4. クライアントとユーザーターゲット
  5. コンセプトとサイトの解説
  6. サイトの目的
  7. サイトのPR点(こだわった点や、デザインの意図)
  8. 使用したソフトウェア
  9. 制作時間
  10. スタッフ人数
  11. 実績となる数字(ページビュー数、アクセス数/日、売り上げ実績など)
これら必要事項を簡潔に、そして読みやすくわかりやすいものにして、ポートフォリオに盛り込みましょう。

「作品名」と「スクリーンショット」をクリックすると、実際の作品に飛ぶようにしてください。

制作時間やスタッフ人数、実績数字など、わからないことは省いてもかまいません。曖昧な表現より確実な情報を担当者は好みます。

以上の情報をできるだけ簡潔に客観的にコメントしておきましょう。

担当領域は明確に

作品によっては、最初から最後まで自分一人で完結させた作品もあれば、スタッフと担当分けをして制作した作品もあると思います。

その場合、自分の担当した箇所を明確に明記するようにしましょう。

デザインだけ担当した場合は「デザインのみ」、デザインとコーディングの両方を担当した場合は、「デザイン及びコーディング」といった具合です。

特に、ActionScript、JavaScript、Perl、PHPなどは、プログラマーが担当するケースが多いです。実際そうだった場合は、正直に、その旨明記するようにしましょう。

担当者は、どこをどう判断するかわかりません。作品の中の、デザイン部分であったり、プログラムであったり、時には「イラスト」や「写真」の場合もあるでしょう。

グループワーク自分が担当した以外の部分が評価されてしまっては、ポートフォリオの意味がありません。採用担当者は、あなたが「できる部分」を見たいのです。
ここは正直に、はっきりと書いておかないとあとあと損をする可能性があります。さいあくの場合、入社してからトラブルの原因になりかねません。
なので、ここは正直に明確に記入しておきましょう。

特に大規模な案件の場合、多くのスタッフが関わって分業で作るケースが多くあります。そんな場合は、「分業で作りました。」とはっきり書いた方が良いです。

分業で作った作品でも、
「ああこの人はグループ作業が出来るんだな。」
「この人はコミュニケーション能力があるんだな。」

という好評価の対象となります。
実際に入社して仕事をする際、分業で仕事をするケースは多々あります。
中規模以上の案件の場合は、ほとんどが分業での作業になります。
そんな時、重要視されるのが「コミュニケーション能力」です。
このケースの場合、ポートフォリオの中でコミュニケーション能力の高さをアピールできる絶好のチャンスとなります。
作品における担当領域は、できるだけ詳しく明記するようにしましょう。

ポートフォリオの形式とカスタマイズ

提出するポートフォリオの形式をもう一度おさらいします。

一つは、ウェブ上で見ることのできる「ポートフォリオサイト」。
一つは、紙ベースでのポートフォリオ。これはプリントアウトしてクリアファイルに閉じておいて、担当者に渡してしまうものです。
そしてもう一つは、ポートフォリオサイトと作品集をまとめて焼いたCD-Rです。

ウェブ上で見ることができれば、CD-Rは要らないんじゃないの?と思われるかもしれませんが、会社によっては必要な場合があります。念のため用意しておきましょう。

そして、もう一点重要なのが、ポートフォリオのカスタマイズです。

面接する会社によって、作品集の構成を変える必要性があります。

カスタマイズ例えば、ECサイトを主に扱っている会社には、ECサイトの作品を多めに、とか、会社案内サイトを多く扱っている会社には会社案内サイトを多めに、とかいった具合です。
ECサイトを主に作っている会社に、エンタメ系の作品集を持って行っても、採用担当者の目には止まりにくくなります。

面接は、一社だけ受けるのではありません。複数受けることになるので、いろいろなバリエーションの会社を受けることになるでしょう。

極端に言えば、受ける会社の数だけ「作品集」がある、と思って下さい。
核となるポートフォリオは一つでかまいません。
応募する会社に合わせて、作品集の構成を都度作ると良いでしょう。

ポートフォリオの重要性

最後になりますが、ポートフォリオの重要性について。

ポートフォリオサイトのURLは、書類選考の段階で、応募先企業の知るところとなります。

履歴書や、職務経歴書に、ポートフォリオサイトのURLを書き込んで、担当者に見せることになるからです。
つまり、応募先企業は、あなたの人物を見る前にポートフォリオサイトを見る、ということになります。
ということは、あなたにとって、ポートフォリオは転職の第一の矢であり、かつ最大の武器になるということです。
これは、インターネットを使ったメディアを扱うWEBデザイナーの宿命です。
この部分をふまえ、心してポートフォリオを作り込むようにしましょう。

ポートフォリオ作成に関して、より具体的なアドバイスを希望される方は、プロのキャリアコンサルタントに相談してみるのも良いでしょう。あなたの経験やキャリア、実際の作品に沿ったさまざまなアドバイスが受けられることと思います。

より具体的な、WEBデザイナー向けのポートフォリオの作り方について、「マイナビクリエイター 」に詳しく解説した記事があります。是非参考にしてみてください。

ポートフォリオの具体的な作り方

マイナビクリエイター 」に、ポートフォリオの具体的な作り方が詳しく紹介されているので、ご覧になってみてください。

マイナビクリエイター 」にアクセス。

マイナビクリエイター

サイトの下部へスクロールします。
右カラムに「おすすめ記事コンテンツ」というメニューがあります。

おすすめ記事コンテンツ

おすすめ記事コンテンツの中に「転職必須ツール ポートフォリオの作り方」という項目があるので、クリックします。
ポートフォリオの作り方

クリックすると、ポートフォリオの作り方について、詳しく丁寧な解説があります。

ポートフォリオの作り方

是非参考にしてみてください。
付随して「便利すぎる!ポートフォリオ作成サービス8選まとめ」のページもあり、ポートフォリオを作成するための良質なサービスをご紹介していますので、こちらもぜひご覧ください。きっと役に立ちますよ。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

きちんと書けますか?WEBデザイナーの履歴書

履歴書は、応募先とのファーストコンタクトです。決して手を抜いてはいけません。できるだけ自分の良い部分を見つけ、良いことだけを強くアピールするように心がけましょう。
>>次の記事へ