WEBデザイナーが転職して年収をアップさせる5つのポイント・求人〜転職歴4回の現役ウェブデザイナーが管理人です〜

HOME > > 面接官はここでWEBデザイナーの採用を決める!

面接官はここでWEBデザイナーの採用を決める!

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

WEBデザイナーの採用の仕方

求人数が常に高水準をキープするWEBデザイナーですが、実際のところ、企業は思ったような人材を確保できずに苦戦しています。
また、人気の企業であったり、良い採用条件の企業は1名の募集枠に対してもかなりたくさんの応募があり激戦になります。
そのような採用の段階で面接官はどのようなことに重きを置いて採用を決めているのでしょうか。

経験の有無だけを見ているわけではない!

企業が求人を出すということは、その求人に対して即戦力になる人材を求めているというのが本音でしょう。

WEBデザイナーの人間性ほとんど知識がない人を採用するよりも色々な資格を持っていたり、経験を積んできた人の方がコスト削減にもつながります。
しかし、WEBデザインという仕事上、長期間他のメンバーと一緒に意欲的に働ける人材を探しているわけですから経験やスキル以上に「人間」を見ています。
人間性や性格、考え方や仕事に対する姿勢、志望動機などを一番重要視しているのです。

もちろん、スキルや技術もあるに越したことはありませんが、技術があっても面接官とまともなやり取りができないような人は採用されないと言うことです。

まず、やる気はあるのか

未経験であるから採用は無理・・・と決め付けてはいけません。

一所懸命に仕事をする意気込み特に中小企業などはスキルのない未経験者であっても、やる気の高い人かどうかを面接官は見ています。
スキルはなくてもやる気さえあれは後でどんどん勉強すればいいと思っている面接官は多いのです。
未経験であることに負い目を感じて卑屈になったり、自信をなくしたりしては最初から勝負になりません。
一所懸命に仕事をする意気込みがあるということ、また将来的なビジョンを持って会社の為に貢献するということを面接官にアピールしましょう。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。