WEBデザイナーが転職して年収をアップさせる5つのポイント・求人〜転職歴4回の現役ウェブデザイナーが管理人です〜

HOME > > 私の転職体験談・管理人の就職活動(2)

私の転職体験談・管理人の就職活動(2)

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

就活面接奮闘記

それでも、いくつかの広告代理店は健闘しましたよ。かなり惜しいところまで行った代理店も数えるほどはありました。

特に、希望した○武百貨店系の広告代理店は、見事決勝戦まで残り、最終面接までこぎつけるというところまで行きました。
最終面接は5名くらい残っていましたが、周りの学生達は、全員東京六大学の学生ばかり、関西の学生は私一人、という状況でさすがに最終面接は緊張しましたよ。

最終面接の応答は、緊張と昂揚で何を言ったのかよく覚えてません。かなり、非現実的なイベント構想を話して、面接官のリアクションが薄かった事は覚えています。

面接後の心の杞憂が見事当たり、やはり結果は落選でした。

ここは是非入りたかった代理店だっただけに、落ち込みは相当激しく、学生時代の下宿で、悔しくて地団駄踏んだ記憶があります。

が、就職活動は終わったわけではありません。落ち込んでる暇もなく、次のターゲットに向けて、戦線を再開しました。

最後に狙いを定めたのは、全国に拠点を置く広告代理店の関西支社。4マスのバランスの取れた、かつ大手クライアントを多数抱えるオーソドックスな総合広告代理店です。

○武系などの超個性的な代理店を志望していた私にとっては、オーソドックスすぎる代理店ではありましたが、志望者は異常に多く、人気の高い会社でした。

「もうここがダメならあきらめよう。就職浪人だ。」

固い決意で臨んだラストの就職活動でした。

一緒に面接を受けている学生達は、いかにもマスコミ志望といったおしゃれなスーツに身を包み、業界の知識も深く、もう既に若き広告マン、といった風貌のしゅっとした学生達ばかり。

「こりゃダメだ。ライバルが強すぎる。。」

あきらめかけつつも、一次面接、筆記、論文と活動は進みます。
就職活動の場で一緒になった学生達と、情報交換のために一緒に居酒屋に通いました。
いかにも頭の切れそうな、業界人顔負けの垢抜けた学生達に囲まれ、泥臭い演劇青年だった私は、なんだか場違いだなあと思いながら、面接を重ねていきました。

これがなんと不思議なことに、「え?あいつが?」という学生が落ち、自分が次の面接に残り、といった展開が続き、気がつけば最終面接に転がり込むことができました。

そしてついに内定獲得へ

最終面接では、(もう最初から諦めてましたから)肩の力が抜け、主に自分が学生時代に打ち込んだ演劇の話を中心に、企業人としての自分の未来の姿を飾らず素直に語ったことだけ覚えています。

帰りの居酒屋ではまたぞろ、ライバル達と一緒にお疲れさんのビールです。

「お前、良かったぞ。通るんじゃないか?」

ライバル達にそう言われながら、(まさか自分が通るわけがない)・・そう思いながら、下宿に帰りました。

自分のことを無理に飾らなかったことが功を奏したのか、どうか、どういうわけか最終面接に通り、合格通知が下宿に届きました。

「やったー!通ったぞ!」ではなく、「ふー、やっと終わったか・・。」

と、一気に全身に込めていた力が抜けていったのを記憶しています。

なんとか、次のステップを決めた私は、下宿で一人汗をだらだらかきながら、真夏のセミの声を聞きつつ、すぐに演劇の台本探しに取りかかりました。

そうです。ついさっきまで苦しめられてきた就職活動のことは既にすっかり忘れ、学生最後の演劇公演「卒業公演」の準備に取りかかっていたのです。

常に取得単位がぎりぎりだった劣等学生だった自分の立場も忘れ、一気に「卒業公演」へのアクセルを踏み出した私。

今にして思えば、やっぱり演劇が大好きで仕方がなかったのですね。

辛かった就職活動を単なるステップとして早くも捨て去り、大好きだった演劇のことでもう頭がいっぱいでした。

就職どころか、単位が少なくて卒業さえも危ない身だったにもかかわらず、まだ演劇のこと考えるかあ。

私が親だったらぶん殴ってますね(笑)。
なんのために大学に行かせてやってるのか??

アナーキーな演劇青年を気取っていた私の辛かった学生時代最後の夏はこうして幕を閉じました。

とにもかくにも、もう最後と腹をくくって挑んだ広告代理店に受かり、幸運にも次の進路を決めた私は、残り少ない大学生活を大好きだった演劇にぶつけ、時間は矢のように過ぎて行きました。

で、なんだかんだあってなんとか卒業。

晴れて就職の四月を迎えることにあいなったわけです。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

管理人の広告代理店時代(1)

朝の光は眩しくキラキラとまっさらなスーツに降り注ぎます。 堂島のオフィス街を颯爽と歩きながら、「自分は社会人になったんだ。」とフレッシュな気持ちで会社に向かって歩いて行ったのを覚えています。
>>次の記事へ