WEBデザイナーが転職して年収をアップさせる5つのポイント・求人〜転職歴4回の現役ウェブデザイナーが管理人です〜

HOME > > 私の転職体験談・ブラック企業で得た宝物(1)

私の転職体験談・ブラック企業で得た宝物(1)

>>私の転職体験談TOP

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

ブラック企業で得た物とは

結局、さんざんな目に遭って、地元のベンチャーIT会社を辞め、また浪人に戻りました。

あの会社で得たこと、、まだ青かった私が、人間の裏と表を知ったこと、人間をたやすく信用してはいけないということを知ったこと、努力しても得られない物は得られないということ、などでしょうか。

環境の良かった大阪の広告会社でのびのびと育った世間知らずの青年が、少し世間を知ることができた、というのが大きな勉強だったと思います。

何も知らない世間知らずのまま年を重ねていくというのも気持ち悪い話ですからね。

ただ、失うものも大きかったですが、得るものも大きかったなと今にして思えば、大いにあります。

第一にMacが使えるようになったこと、各種ソフトウェアが使えるようになったこと、苦境の中で一生つきあえる先輩や後輩と出会ったことなどなど、結構たくさんあります。

そしてあの会社で得た最大のメリットは、インターネットと身近に出会えたこと、そして何より、独学ながら「WEB制作」を覚えたことです。

「WEB制作」、その後の私の人生の中でも思いもよらず大きな役割を果たすことになった技術と自然に出会っていました。

人間万事塞翁が馬、人生何が起こるかわかりません。そして何が人間を支えるかわかりません。

禍福はあざなえる縄のごとしです。苦境の中から、身につけた一筋の光。
私は「WEB制作」を身につけたことで、その後の生活、その後の暮らしを立てていくことになったのです。
なったのですが、その時はまだその自覚はありませんでした。

自分自身、WEB制作に自信があったわけでもなく、また当時(1996年頃)はまだWEB制作が仕事として認知されていなかったこともあります。

私が出会ったブラック企業での経験、それは多くの時間との引き替えではありますが、確実に私の血となり肉となって返ってくることになるのです。

思えば、「虎の穴」のような「学校」に通っていたような出来事だったかもしれません。
我々はわずかながらの給料をもらいながら、その学校でいろいろなことを学び、さまざまなことを経験させてもらっていたのかもしれません。

学校、まさに学校ですね。
その会社は私が辞めてほどなくして倒産することになったのですが、我々社員は、その会社に何も投資してはいません。献体はしたかもしれませんが、金銭的には責を負うこともなく、無事に生還することが簡単にできたわけですから。

あの会社で役員をしていた人達の多くは自己破産して財産の全てを失いました。
自己破産せずにふんばった人は、今でも少なからぬ借金を返し続けている人もいます。
しかし、社員達は、金銭的にはさほどのダメージは受けていないのです。
全く幸運なことです。

我々の夢見た、田舎のシリコン・バレーは音を立てて崩れ去ったのです。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

ブラック企業で得た宝物(2)

若い時の苦労は買ってでもせよ、という言葉があります。 短い期間ではありましたが、ここで経験した苦労は確実に自分の勉強となって体に蓄積しています。
>>次の記事へ