WEBデザイナーが転職して年収をアップさせる5つのポイント・求人〜転職歴4回の現役ウェブデザイナーが管理人です〜

HOME > > 私の転職体験談・独立そしてフリーランスへ(2)

私の転職体験談・独立そしてフリーランスへ(2)

>>私の転職体験談TOP

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

毎日が忙しいというラッキー

私は旗揚げ後すぐにたちまち、WEBデザイナーとして、幸いにもたくさんの仕事に囲まれることができました。

しばらくは食うに困るだろうと予想していた私にとっては、ラッキーな事の連続でした。

私はとにかく、世間に認められたい、お客さんに心から喜んで欲しい、という一心で真摯に仕事に取り組みました。

ストレートに誰かの役に立つ、、仕事をしていてこれほどの喜びはありません。

これほど充実してやり甲斐のある時間を過ごしたのは、田舎にUターンして初めてのことです。

これも全て、元ブラック企業時代の同僚や先輩、元クライアントのおかげです。

元同僚や先輩の支援を受けられたことは納得ずくのことでしたが、元クライアントの人達には恨まれてるだろうなあと思っていただけに、それは意外なことでした。

手前味噌になりますが、どんなひどい労働環境の中でも、元クライアントの人達には、必死で真摯に対応していたおかげだろうと思います。

古い言葉ではありますが、お客様は神様です。自分の会社がどんなにひどかろうと、お客様を大事にすること。この気持ちだけは大切にしてください。
そうすればきっと自分に返ってきます。

そんな親切な人達に囲まれていた私はとても幸運だったと思います。

そんな人達に感謝の気持ちを忘れず、毎日仕事が出来た私はとても幸せだったと思います。

私のフリーランス時代は、主にブラック企業時代の人脈に支えられていました。

思えば皮肉な、不思議なことだったと思います。そして本当に幸せだったと思います。

当時培った人脈は、未だに私を助けてくれています。

本当に人というものは大切にするべきです。

フリーランスへの道を考えている方は、このことを肝に銘じて独立してほしいと思います。

WEB制作というのは、パソコンという無機質なものとのにらめっこですが、その無機質な物体の向こうにある人間の心を忘れてはいけません。

人は人無しには生きてはいけません。仕事を大事にするということは人を大事にするということです。

人を大事にすることは自分を大事にすることにも繋がってきます。

私がフリーランス時代に学んだことは主にそのことです。




登録すべき転職エージェントはコチラ。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

マイペースで楽しいフリーランス

順風満帆の旗揚げで、仕事に恵まれたフリーランスのスタート期でした。 貯まったお金で新しいMacも買い、新しい自分のソフトウェアも買い揃え、私の周りにはWEBデザイナーに必要なものがどんどん揃っていきました。
>>次の記事へ