WEBデザイナーが転職して年収をアップさせる5つのポイント・求人〜転職歴4回の現役ウェブデザイナーが管理人です〜

HOME > > 20代のWEBデザイナー転職なら

20代のWEBデザイナー転職なら

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

20代のあなたへ

20代でWEBデザイナーへの転職20代でWEBデザイナーへの転職を考えている場合は、これから先の40年近くをWEBデザイナーとして働く意気込みで、先を見据えた上での自身の知識構築が必要となります。

20代でWEBデザイナーとしてやっていくにあたり、経験が浅いからこそ、斬新なデザインを提供し、新しいトレンドを習得しつつ、クライアントの希望に沿うようなWEBデザインを作り上げることが求められます。

WEBデザイナーとして、ごく基本的な知識は、既にマスターしていなければ仕事になりません。
コーティング、プラグラミィングのHTML、JavaScript、Wordpressなどがあげられます。
HTMLは、最近ではオーサリングツールを使用することにより、HTMLを使用しなくてもデザインを完了出来ることもあり得ますが、WEBデザイナーとしてHTML、HTML5は、必要不可欠な基本部分となりますので、マスターしておくことを勧めます。

若手のWEBデザイナーとして、最新のトレンドを把握しておくことも、転職にプラスに働くことになります。
レスポンシブWEBデザイン最近では、レスポンシブWEBデザインが注目されています。
最近のスマートフォン普及により、WEBはPCで見るものから、携帯やタブレットで閲覧する時代になってきています。
それに伴い、WEBデザインのマルチデバイス化が求められているのです。
レスポンシブWEBデザインの手法は、ブラウザの横幅をWEBサイト表示の基準として、ページレイアウトを調整できる手法になっており、業界では注目を浴びてきています。

20代もWEBデザイナーは、まだ経験も浅く、クライアントからの信頼も、これから得て行く状況下にありますので、年収は250から300万円前後で、他の業種と比べて、若干少ないか同等程度となります。
他の業種に比べて、自分個人の突き詰め度により、終了が異なってくる仕事で有ることから、就業時間の長い事が多く、フレックス制を導入している所が多くみられます。
これからも、WEBを媒体としての宣伝に、投資する企業は増えてきますので、年収の向上も期待できる職種と言えるでしょう。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

30代のWEBデザイナー転職なら

30代になってから、WEBデザイナーへの転職を考える場合、決して遅すぎることはありません。 これから30年余りをWEBデザイナーとして働いていける可能性は充分あり得るのです。
>>次の記事へ