WEBデザイナーが転職して年収をアップさせる5つのポイント・求人〜転職歴4回の現役ウェブデザイナーが管理人です〜

HOME > > 40代のWEBデザイナー転職なら

40代のWEBデザイナー転職なら

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

40代のあなたへ

40代でWEBデザイナー転職を考えるなら、すでにかなりの知識を持ち備えてるものと、判断されますので、生半可な知識では通用しません。
一般的なWEBデザイナー基本知識ではなく、より高度な技術が求められます。

40代のWEBデザイナー転職例えば、Action ScriptやSEO(検索エンジン最適化)などは専門的に習得する必要はありませんが、概要をつかんでおくと転職の際に大変有効です。
SEOは通常、SEO専門会社が担当するものですが、予算が限られている場合に、WEBデザイナー会社の領域となってきます。
深く追求するほどでなくとも、内部SEOと外部SEOの基礎部分をかけられる程度の知識を持っているだけで、WEBデザイナーとしては十分通用します。

40代での転職は、その他の職業でもかなりの勇気を必要としますが、WEBデザイナーの世界においてはそれほど珍しい事ではありません。
WEB業界自体の発展が急速に進んでいるため、それに関わる業種のより好条件の職場への転職は、充分考えられることです。

40代でWEBデザイナー転職しかも、WEBデザイナーという仕事は、個人の持つ知識によって、かなりの技術力の差が生じるものであり、習得した技術は業界の世界どこでも通用するものです。
そのことからも、40代のWEBデザイナー転職はそのやりかたによっては、給料面や雇用面でも、より良い環境で仕事ができる職場への転職が可能です。

年収面で見ると、40代のWEBデザイナーの年収は400万から450万円となっています。
同世代の一般的サラリーマンと比較すると、収入面では抑えられている現状です。
収入を上げるには、個人の惜しみない努力が必要とされます。
欧米諸国のWEBデザイナーと比較しても日本は低く、これにはWEBデザイナーに対する期待と評価に差があるからと言われています。

これからの時代、WEBデザイナーが果たす役割は大変大きなものになってきますので、徐々に評価も向上していくと考えられます。

また、40代を超えると「デザイナー」としての資質よりプロジェクト全体の「統括管理者」としての能力が期待されるようになってくるでしょう。

仕事全体を統括できるプロデューサー、コーディネーターとしての能力を発揮するべき時期に来ていると考えられますので、業務全体をとりまとめることの出来るスキルを高める努力が必要になってくると思います。

ビズリーチエグゼクティブ転職


ビズリーチエグゼクティブ転職


管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト
・会員数52万人以上、ヘッドハンター1,300名以上、採用企業社数3,700社以上
・職務経歴書を登録すると、厳正な審査をクリアしたヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が、職務経歴書を見て直接スカウトします。
・会員制ならではの普段あまり見かけない非公開求人やポジションも多数あります。
・他の転職サイトや人材紹介会社とは異なり、採用企業が直接求職者を検索しスカウトを送る事ができる為ミスマッチが少なく、役員や代表取締役しか持っていないポジションや求人も多数あります。
年収750万以上の転職希望者対象
・年代:30−40−50代

登録すべき転職エージェントはコチラ。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

東京のWEBデザイナー求人傾向

東京のWEBデザイナー求人は、非常に激戦区となっています。 日本の中心都市という事もあり、各企業の本社が多く建てられていることから、仕事の依頼が受けやすい環境にあり、WEB会社自体も東京に会社を構えて、多くのWEBデザイナー求人を出しています。
>>次の記事へ