WEBデザイナーが転職して年収をアップさせる5つのポイント・求人〜転職歴4回の現役ウェブデザイナーが管理人です〜

HOME > > 東京のWEBデザイナー求人傾向

東京のWEBデザイナー求人傾向

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

東京のWEBデザイナー求人事情

東京のWEBデザイナー求人は、非常に激戦区となっています。
日本の中心都市という事もあり、各企業の本社が多く建てられていることから、仕事の依頼が受けやすい環境にあり、WEB会社自体も東京に会社を構えて、多くのWEBデザイナー求人を出しています。

スマートフォン向けのサイトWEBデザイナーという仕事柄、給料面の掲載を見てみると、正社員は=(イコール)中途採用と、ひとくくりで掲示している所が多く、月給では25万前後が多く見られます。
一方で、アルバイトの求人も多く見られ、時給は1000円から1400円程度です。
目立つのは、最近の市場の動向から分かるように、スマートフォン向けのサイト作成業務が多くなっていることです。

これからは、このスマートフォン向けのWEB関連に、クライアント各社が力を注ぐことになることが予想され、それに伴いWEBデザイナーのスマートフォンサイトの作成力が必要とされています。

また、全国展開を進めている会社では、WEB部門のリーダー候補を募っている所も見られます。
その場合は、年収が500万以上と、WEBデザイナーとしてはかなりの高収入が期待されます。
WEB関連会社は、乱立されている傾向にあり、その規模は様々です。
東京においては、特にその傾向が見られ、新しい会社では若手が主導となり、トレンドに沿った仕事内容となっています。
逆に、WEB制作会社として歴史をもつ会社では、それぞれの独自性を生かした戦略で仕事を獲得しています。
よって、クオリティを重視するため、専門性を兼ね備えて、自己のデザインを正しく認識し、プレゼンテーション能力をも持っているような人材が求められています。

東京は、WEBデザイナーの求人が多くありますが、求められている能力に各社差がありますので、自分の能力と、求められている能力のバランスを正確に判断した上での選択が必要となってきます。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

大阪のWEBデザイナー求人傾向

大阪におけるWEBデザイナー求人の動向を見てみると、大阪では特に中央区での求人数が多く見られます。
>>次の記事へ