WEBデザイナーが転職して年収をアップさせる5つのポイント・求人〜転職歴4回の現役ウェブデザイナーが管理人です〜

HOME > > 海外でのWEBデザイナーとして活躍したい

海外でのWEBデザイナーとして活躍したい

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

海外でのWEBデザイナー採用事情

海外でのWEBデザイナー採用事情海外におけるWEBデザイナー求人も、最近では増えてきています。
日本企業の海外進出が増え、諸外国における在日日本人向けサイトの作成関係での仕事も順調です。
特に東南アジアに関しては、発展が目覚ましく、フィリピン、ベトナム、タイにおいては、現地情報誌の日本人向けの運営サイトや、現地の有名ブランドの日本人向けのECサイト作成などが業務となっています。

海外で活躍するには、それなりに英語能力が必要となります。
英語圏以外においても、基本的にビジネスのやりとりは英語で行われるため、英語はWEBデザイナー能力の前に必要なものとなってきます。
中には、会社に通訳が常駐している場合もありますので、求人内容をよく確認することが必要です。
どちらにせよ、現地語や英語は、欠かせないコミュニケーション手段ですので、語学に関する努力もできる人物が求められています。

世界的なスマホブームまた、最近の世界的なスマホブームから分かる様に、海外においてもスマホアプリ、ゲームのデザインも業務として多くなっています。
その際にも、現地のデザイナースタッフと協力して行われることが多くなります。必要とされるスキルは、photoshop、HTML、Wordpress,スタイルシートなどがあげられています。

海外においても、今後はWEB関連の仕事が、増加していくと思われます。
海外ブランドの商品を、日本人消費者向けにWEBを介して販売する上で、WEBデザイナーの果たす役割は大きくなっています。

日本国内における、WEB関連会社が多くなっている中、仕事の奪い合いになる可能性がありますので、海外に目を向けてWEBデザイナーの仕事を獲得するのも一つの方法でしょう。
海外では、ほとんどの場合実力主義です。
海外に視野を据えて活動するなら、新しい手法などはどんどん取り入れ、自分の知識を構築していかなくてはいけません。
デザイン力も、海外では厳しく評価されますので、それなりの度胸をもって挑んでいきましょう。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

登録すべき転職エージェントはコチラ。

あなたにぴったりの求人が的確に見つかる!

クラウン>>あなたが登録すべき転職エージェントはコチラ。

※転職エージェントの利用は、エントリーから転職完了まで、全額全て無料です。

女性に有利なWEBデザイナー求人とは

現代の女性は非常に積極的であり、流行にも敏感です。 そのような女性を対象にしたWEBサイトは多く存在します。
>>次の記事へ